I am still in progress, and I hope that I always will be. まだまだ進化の途中!挑戦し続けたい!!

menu

54才の留学生

大学対抗のバスケットの試合を見に行ってきた。

日本で言うなら、早慶戦といったところだろうか。

すべてのスポーツ、とりわけアメリカンフットボールにおいて、

互いに譲れないライバル校同士の好カードだ。

NBAの様に技術で心をつかまれるというより、若いエネルギーが躍動しているのが魅力だ。

選手だけでなく、チア、吹奏、おそろいのユニで声をあげて応援する学生…. その若い青さがチームカラーの青と重なって一体となる。

そしてなにより驚き、羨ましく思えるのは、

高齢の応援者たちだ。

70どころか80は超えてるであろう腰の曲がったおじいちゃん、おばあちゃんたちだ。

その数の多さは、感覚的には学生たちの数と変わらないほどだ。

みな明るい表情でシュート前には腕を指先まで真っ直ぐに伸ばして心を一つに祈ってる。

時折、ワンテンポ遅れながらUCLA~~の掛け声に合わせて手拍子を合わせてる。

多分、半世紀以上前の卒業生たちだ。

プロにはないこの温かい空気が好きになった。

(ディーフェンスって掛け声なかった….. 「スラムダンク」見ないのかなぁ???)

(相手がミスしたら、Thank you と言い、対戦相手には個別のヤジはなく、Boooooooo と言う。自軍が得点したら、YES!! とガッツポーズ….. この単純さも心地よい)

0

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。