I am still in progress, and I hope that I always will be. まだまだ進化の途中!挑戦し続けたい!!

menu

54才の留学生

アーバインにあるスペクトラムとファッションアイランドというショッピングモールのトイレにはTOTOの便器が設置してある。

どちらもとてもハイセンスでお洒落なお気に入りのモールだ。

清潔に保たれたトイレで「TOTO」の文字を目にすると、

ちょっと嬉しい。

アメリカ国内製品の壁は高く滅多に出会う事は無いのが現状だ。

多くの日本への観光客が日本のトイレの綺麗さとウォシュレットの快適さに感動するということはよく聞くことだ。

日本人はアメリカ文化を上手に直ぐに取り入れる一方で、

大人気にも関わらずアメリカではなかなか浸透しない…

日本と比べて車や部屋などプライベート空間がトイレ以外で充実してる?

トイレットペーパーの消費量が減ると困る企業が多い?

コンセントの有無やその安全性への配慮(シャワーやバスタブからの水がかかる事による)だけの障壁ではなさそうだ。

+1

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。