I am still in progress, and I hope that I always will be. まだまだ進化の途中!挑戦し続けたい!!

menu

54才の留学生

アメリカドラマの好きな私としては、ドラマの中でよく目にする

ドライビングライセンスカードは、手に入れたいもののひとつだった。

一年以上前、ちょうどコロナでロックダウンする直前にペーパーテストを

パスしていた。

通常ならこの仮免状態は一年間有効だ。

しかし、今回はコロナにより再三、DMV (運転免許試験場) もクローズとなり

その為に仮免期間も自動的に延長された。

筆記試験は文字通りの一夜漬けで詰め込んだ。

テストは日本語で受験できる。

日本人には別途、標識の試験も追加される。

日本で定期券購入時の記帳台の様なカウンターで、立ったままオンラインで問題に答えていく。

最大の難関は、視力検査だった。

ちょっと見づらくて「わかりません」と言ったら、

凄い形相で「なんでこれが見えて、これはわからないの?全部答えて!!」と怒られた。

ふざけているわけじゃないんだけれど…

遠近両用コンタクトだから、手元も眼鏡なしで見えるように度数を落としている…

アメリカの眼科で遠近両用と言っても、そう言えば違う意味に解釈されたのを思い出した。

なんとかぎりぎりクリア出来、無事筆記試験と申請が完了した。

そして約一年後、まだドライビングテストが残っている。

テスト用の車は自分の車を持ち込む。

コロナ対策として、試験官は新しいビニールシートを毎回車の助手席に広げて乗ってくる。

今回は説明も指示もすべて英語で受験となる。

ライトやウインカー、クラクションの点検のあと、いよいよ一般道へと車を走らせる。

左右の車線変更や交差点での運転、スピード等チェックを受け駐車スペースに停めてテスト終了。

コロナ対策として窓を全開していて、風も強かったこの日、何度も髪の毛を押さえ乍らの片手運転だったけど、減点されなかった。

「パスだよ」

「やったあー!!」

パスの声を聞いたとたんに、もうどこへでもドライビングできそうな気持になるから不思議だ。

一般道で車がひっくり返ってる事故現場の横を通ると、

ウインカー出さずに右に左に片側6~7車線のフリーウエイを縫うように走る車を見ると、

免許証は証明書替わりに持つだけにしようと思っていたのに… 笑

+1

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。